コラム

事業計画の作り方 ~進め方を決める編 ①~

事業計画って今作っているけど
本当にこの作り方でよいのか
分からないので

教えてください!

という質問を良く頂きます。

私は8年間経営企画として
事業計画を作っていましたので

その時の経験に、

経営大学院(MBA)や
(一社) 日本キャッシュフローコーチ協会
で学んだ理論を合わせ

私なりの
事業計画の作り方とそのポイントを
書いてみます。

参考になれば幸いです。

 

 

 

 

*
*
*

毎年この季節(年明け)になると、
来年度(4月スタート)の

事業計画(年計)を
立てていたのを思い出します。

4月からスタートするためには、
12月末から準備を始め

1月会社が始まったタイミングで
一気に事業計画立案を

大きく動かす必要がありました。

事業計画の立案は、
大きく言うと4つの
ステップに分かれています。

STEP1:進め方を決める

STEP2:今年度の見込みPLを作る

STEP3:次年度売上確定と利益試算

STEP4:次年度の利益計画の作成

当時どのように事業計画を
作っていたのか?

そのポイントとともに
コラムにまとめさせて頂きます。

あくまでも製造業の
事業計画(年計)の
立て方ですが、

全業種に応用がきくと思います。
(なるべくそのように書いていきます)

参考になればこんなに嬉しいことは
ありません!

今日は

========
進め方を決める!
========

ということ

事業計画は
いきなり作り出すのではないのです。

まずは「進め方を決め」
それを関係者と握る

ということから始める
必要があります。

—————-
事業計画を作る時は「進め方を決める」
ここを丁寧に設計する
—————-

なんでいきなり言うんだ!
前提条件が全然違うじゃない!
そんなこと私は聞いていない!
それは私の担当ではない!

そうしているうちに、
事業計画を作っている側も

あれっこの前提でよかったのだろうか?
この人に頼みやすいからこれを頼もう!

となってしまう。

最初はよくこんな失敗をしました。

一度このような
声が上がると、

意思決定や議論のペースが
遅くなり、

事業計画立案のスピードが
落ちていきます。

スピードが落ちてくると
声の大きな人の意見が
通りやすくなったり

社員の皆さんの集中力も切れたりして

会社としてのエネルギーを
事業計画立案に結集させることが
できません。

その時は「進め方を決める」
ということが本当に大事になります。

では進め方を決めるとは
何を決めるのか?

—————-
進め方でおさえるポイントは
大きく4つ
—————-

ポイントは、大きく4つです!

1.前提条件・スケジュール
(含む役割分担)を作成し、展開すること

2.採算改善目標をしっかりと決め、
各部に展開すること

3.目標を提出する前に関係者を集め、
社長と一緒に各部が目指す姿を
ヒアリングをしていること

4.社員の方に対して、
事業計画(年次計画)説明会を実施している

この4つだと思っています。

—————-
この4つのプロセスをきちんと踏むことが
できれば6割方は固まる
—————-

これのプロセスをきちんと行えば、
あとは、計算がメインになってきますので
事業計画の6割は大方固まったようなもの。

つまり、
このプロセスを踏めていないと

事業計画は、
ただの絵の描いた餅になってしまう

ということです。

このプロセスを丁寧に進めていく
必要があります!

次のコラムでは、

1.前提条件・スケジュール
(含む役割分担)を作成し、展開すること

から書いてみたいと思います。

今日も最後まで読んで頂き
本当にありがとうございました!

\無料セミナ―募集中/

たった2割の知識で
経営において8割OKとなるお金の話!!!

続々とお申し込み頂いています!
▼セミナー詳細▼

 

 

 

*
*
*

藤田拓也とは、

社長の「お金」と「人」の悩みを共に解決し、
ビジョン実現を通して、
関わる人の幸せの総和を最大化する
を使命に、

社長の右腕として、
共にビジョンと実行のための戦略を立案し、
組織の熱量を上げ、
実行まで支援する
「ビジネスコーチ」です。

PAGE TOP