コラム

組織で結果を出したい時はまずここに手を着ける

周りとのコミュニケーションというのは
本当に大事だと思っています。

というのも、
私はこのコミュニケーションにといて
失敗ばかりしていました。

結果として、

最後には、
土日引きこもり&歯ぎしりで歯が3本割れ
体重は98Kgまでになりました。

そんな私が
最後は世界6カ国8つのプロジェクトで
平均年4億円の採算改善を成功させるのですが、

そのベースの1つが

関係の質をしっかり高めることを
きちっとやること

でした。

今日はそのことを
書いてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

———————————–
関係の質を高めることにリソースをしっかりと割く
———————————–

MBAで学んだ理論を振りかざして、
利益という正義を追求して

周りと衝突することがありました。

 

なんでわかってくれないんだ?
利益が出ないとこの会社続けられないんだよ。

だからやれよ!!!ガタガタ言わずに。。。

 

相手は益々私から離れていきます。

なんで、、、
絶対に間違ったこと言っていないのに。。。

本当に今踏ん張らなければ、
給与カットだとかリストラとかあるのに。

なんでわかってくれないんだろう。

 

———————————–
対話をテコに、心理的安全性を高める
———————————–

追い詰められた結果が、
私のコミュニケーションを変えることでした。

具体的にいうと、
押し付けから対話に変える事。

本当に当たり前なんですけど、
私はこれが全くできていなかった。

 

 

私が正義 
→ 相手にも正義。
その上で共有ゾーンは何か?

なにが悪い?
→ どうなればいい?そのために今何ができる?

これができるだけで、
あなたの半径3M以内の
心理的安全性がグンと高まります。

 

 

 

———————————–
結果の質を変えたければ、
関係の質から変えるのが結局早道
———————————–

関係の質が高まると、
お互いを尊重し、結果を共有し
一緒に考えるようになります。
(関係の質)

そうすると、
自分事として考え、気づきを得ます。
(思考の質)

続いて、

自発的、積極的に行動する
(行動の質)

新たな成果が得られる
(結果の質)

そうすると、
信頼関係が深まる
(関係の質が更に向上)

そしてまた、思考の質が高まると
いいサイクルが動き出します。

この状態になると、
本当にどんどん物事が進みます。

 

これは逆回転すると、

対立や押し付け命令が生じる

受け身になる

自発的、積極的に行動しなくなる

思ったように結果がでない

自己防衛なすりつけ
関係が更に悪化する

こうなると
どんどん対立や押し付けが
起こってきます。

私の場合はしょっちゅう
このループにハマっていて、

こうなると、1人相撲。
1人で頑張れば頑張るほど

周りとの関係が悪くなり、

私は最後は、
土日引きこもり&歯ぎしりで歯が3本割れ
体重は98Kgまでになりました。

 

だからまずは、対話から。

相手を理解するということから
スタートさせていく。

私が正義
→ 相手にも正義。
その上で共有ゾーンは何か?

なにが悪い?
→ どうなればいい?そのために今何ができる?

と発想の仕方を変える。

 

これは単純にやるかやらないかなので

是非やって頂いて
まずは、3週間目途に実験してみてください!

本当にオススメです!

 

 

 

 

それでは、
今日も素敵な1日をお過ごしください。

 

*
*
*

藤田拓也とは、

社長の「お金」と「人」の悩みを共に解決し、
ビジョン実現を通して、
関わる人の幸せの総和を最大化する
を使命に、

社長の右腕として、
共にビジョンと実行のための戦略を立案し、
組織の熱量を上げ、
実行まで支援する
「ビジネスコーチ」です。

PAGE TOP